知財活性化提言~その146:事業計画書の役割

画像No.146

 

先ほど、お客様と知財のライセンスについて
打ち合わせをさせていただく機会があり、
その場で、事業計画作成の大事さと
作成のポイントについて話をさせていただきました。

また、先週は別のお客様が特許審査請求料軽減の
条件である、経営力向上計画の認定を受けるための
申請を受けたいということで、申請書作成の
支援を約束いたしました。

全く違うお客様ですが、
事業計画を作成し、第三者に説明、理解をしていただくという点では
同様の課題に取り組まれるということになります。

現在、「ものづくり補助金」や「小規模事業者持続化補助金」
の応募期間中で、数多くの中小企業様や個人事業主様が
応募のための申請をされているかと思います。
この中で、やはり最も重要なのが、事業計画書の中身を
第三者にわかってもらい、納得してもらい、
「これなら補助金を有効活用できる」と思ってもらえる
ようにすることです。
金融機関から融資を受けるために事業計画書を
作成するときも同じですね。

お金を融通してもらうのですから、それに見合った
苦労をしなければならないのは当然のことです。

また、事業計画書はその後、事業を進めていく上での
「羅針盤」ともなり、定期的に事業の実施状況を把握し、
うまくいっているところといっていないところを明確にし、
うまくいっていないところの原因を追求して対策を講じる
ためにも、その基準となるのが事業計画書です。

当然ながら、作って終わりではなく、作ってからが
スタートなのです。

この点は、知財活用と共通するところがあります。
知的財産も取得して終わりではなく、取得してからが
スタートだからです。

作ったところから、やっとスタートラインに立てる。

大変でしょうが、事業計画書を作りこみ、羅針盤とする
こと、忘れないようにしてください。