知財活性化提言~その167:知的財産関連の交渉で大切な「事前準備」

画像No.167

 

「後藤さん、貴重なアドバイスをいただき、
有難うございました。
当社オリジナル製品の開発に向けて、
他社との交渉も頑張ってやっていきます。」

これは、先日訪問し打ち合わせをさせていただいた
会社において、営業担当の役員の方が
仰った言葉です。
この会社で新たに開発した製品の事業化における
知的財産活用の提案を
弁理士会の「知財キャラバン」という制度を
使ってさせていただきました。

上述の会社では、今まで受注生産型だった事業スタイルとは
別に、新技術を開発しその製造装置の生産体制構築と
販売拡大に向けて、知的財産をどう使うか、
顧客候補先との共同開発における契約上の留意点は何かが
知的財産関係での論点でしたが、
保有特許を前面に出し、不利な契約にならないよう
(辛口なアドバイスも含め)させていただきました。
これからが、本当の事業化へのステップを踏まれることに
なるかと思います。

共同開発を進めたり、その中で契約を締結するという
ことになると、当然ながら
「交渉」が必要となります。

開発における利用技術の範囲、成果の取り扱い、成果の実施、それに対する対価等、
決めないことは沢山あります。

その中で、自社が不利にならないような契約に
どうやって持ち込むかを考え、相手と対する。

これが「交渉」ですね。

特に、知的財産が絡む交渉になると特有の専門知識と
経験が必要になってきます。
自社だけで交渉を行えるのは限られた
大手企業だけかと思います。

中小企業では、このような交渉を行ったこともなく、
どういう条件であれば不利にならないのかも
経験していないでしょうから、契約書の条項を
見てもピンとこない。

そのような声もよく聞きます。
ではどうすればよいのか?

「準備を怠らないこと」です。
例えば、
知的財産に関する交渉の前には、
・まず自社の要求事項を整理する(具体的な金額も含め)。
そのときに、どの部分は譲歩可能で、譲歩してはいけない
(=ここで折り合えなければ決裂も辞さない)
ところはどこかも決めておく。
・その要求事項を踏まえた契約案を作成する。
・その案を相手に提示し、交渉を進める。

大まかにいえば、このような流れになるでしょう。
この流れに乗れるように、事前準備を進めます。
事前準備しておけば、心の準備も(何もないよりかは)できますよね。

交渉前の準備、充分にしておきましょう。