知財活性化提言~その260:製品改良と知財

画像No.260

 

(A社社長)「後藤さん、当社で考えたシステムの
バージョンアップ版を考えまして、よりお客様の
ニーズに応えた内容になっています。その概要を
お伝えしたいので、相談に乗ってください」

(B社の担当役員)「後藤さん、当社の製品アイデアを
お客様にプレゼンしたところ、お客様から様々なご意見を
いただきました。今そのご意見を踏まえて改良版を
試作しています。これについても知財化を検討したいのです」

これらは、私のお客様であるA社とB社の方から
個別にご相談いただいた内容の一部です。

いずれも、元々構想し、試作まで行った製品ですが、
お客様の要望を伺っているうちに、新たなニーズが
見つかり、それに応えるための改良を
行っている途中でした。

その改良内容によっては、知財化できる可能性は
十分あり、改良した製品の方がよりお客様の
ニーズを満足できるものであれば、
知財化し活用できる可能性は高まるといえます。

製造業の現場では、日々新製品の開発や
バージョンアップが進められていますが、
知財面からいうと、旧製品のバージョンアップでも
その改良に新規技術を取り入れていれば、
知財による保護と活用を検討する余地は十分にあります。

その際には、
1.お客様の要望を「超える」ことができる改良ができるか
2.改良した試作品で所望の性能と品質が発揮できるか

を当然のごとく検討することになりますね。

1.が実現できれば、利益につながり、
2.が実現できれば、売上につながるはずです。

両方を実現できる技術は知財化し、活用していくことで
さらに収益を上げていくこともできます。

製品改良にも知財が生かせることを
念頭に置いて開発を進めていってください。