知財活性化提言~その36:知的財産ミックスの重要性~

画像No.36

 

「この本のタイトルは知的財産を一括りにしているけど、

それでいいんですか?」

これは、書籍出版の打ち合わせでとある出版社の社長と

打ち合わせをした際の、その社長からの質問です。

私からは、「特許だけでなく、活用できる知的財産を

ミックスし、活かしていくことが大事なので

一括りにした」旨をお話し、了解していただきました。
特に製造業の場合、技術力を最大の「ウリ」に

しようとしますから、特許にばかり目が向きがちです。

実際、一昨年私がお世話になっていた会社でも

商標の話をしたときに社長から「それが何か?」

みたいな反応をされたこともあります。

しかし、単なる特許の活用という視点ではなく、

商品を売る、マーケティングを行うためのツールとして

考えれば、決して活用できるのは特許だけでは

ないはずです。

考えてみれば当たり前のことなのですが、

実際の中小企業の現場ではあまり

気付かれていない場合が多いことを痛感します。
実際、商品開発や販促・宣伝を行う場合には

技術力だけでなく、どういう顧客に

どういったアプローチをすれば効果的か、

どのようなキャッチコピーが感性に響くか、

どのようなデザインが受け入れてもらえるか、・・・

種々の観点から検討するはずです。

知的財産も同じで、最大限活かすために

どのような権利をどうやって取得し、

使いこなしていくかを総合的に

検討していかなくてはなりません。

そのための「仕組」を作ることができないと、

折角活かせるものが活かせなくなってしまいます。

「売れて、おカネになるために必要な

知的財産をどう取得し、組み合わせていくか」

が経営面でも重要課題です。
あなたの会社は、知的財産の最適なミックスを

行っていますか?

特許だけに偏っていませんか?